インターネット予約 パソコンと携帯電話から次回の診療予約ができます。※診察券番号をお持ちの方のみ
 
 
小児科・アレルギー科 大久保こどもクリニック
いろいろな病気のこと よくあるご質問 おうちでのケア クリニックの上手なかかり方 みんなの作品
病気の分類
  RSウイルス
  アデノウイルス感染症
  インフルエンザ
  ウイルス性腸炎
(ロタウイルス感染症)
  急性胃腸炎
(嘔吐下痢症)
  水痘(水ぼうそう)
  麻疹
  溶連菌感染症
  流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
  蕁麻疹
いろいろな病気のこと
RSウイルス感染症
 
  どんな病気?
 
RSウイルスによる、乳幼児の代表的な呼吸器感染症です。毎年、冬期に流行し、乳幼児の半数以上が1歳までに感染します。
感染後4〜5日の潜伏期ののち、鼻汁・咳・発熱などの症状が現れます。

乳幼児では3割程度の人が、このあと炎症が下気道まで波及し、気管支炎や細気管支炎を発症し、咳の増強、呼気性の喘鳴(ぜんめい・ぜいぜいする)、多呼吸などが現れてきます。
通常は数日〜1週間で軽快しますが、乳幼児では重症化しやすく、入院治療を要する場合もあります。
細気管支炎にかかったあとは、長期にわたり喘鳴を繰り返しやすくなります。
 

 
  治療とケアについて
 
発熱に対しては、クーリング(冷却)を行います。喘鳴を伴う呼吸器 症状に対しては、去痰(きょたん)薬や気管支拡張薬などを用います。
脱水気味になると、痰が粘って吐き出すのが困難になるので、水分 の補給に努めます。細菌感染の合併が疑われる場合は抗生剤を使 用します。
RSウイルス感染症は、保育所など施設内流行を生じやすいので、 注意が必要です。また、家族内感染も高い率で起きます。飛沫感染によるものなので、患者の咳、唾液、目やになどで感染します。タオルなど家族とは別にして、手洗いやうがいを丁寧にしましょう。
3ヶ月以内の児は、非常に重症化しやすいので注意しましょう。
 

| 患者様のお部屋のトップページに戻る | クリニックのトップページに戻る |
 
栃木県小山市城東6-10-1 TEL:0285-20-0010 予約専用TEL 0285-20-0022 Copyright(C) 大久保こどもクリニック. All Rights Reserverd,