インターネット予約 パソコンと携帯電話から次回の診療予約ができます。※診察券番号をお持ちの方のみ
 
 
小児科・アレルギー科 大久保こどもクリニック
いろいろな病気のこと よくあるご質問 おうちでのケア クリニックの上手なかかり方 みんなの作品
病気の分類
  RSウイルス
  アデノウイルス感染症
  インフルエンザ
  ウイルス性腸炎
(ロタウイルス感染症)
  急性胃腸炎
(嘔吐下痢症)
  水痘(水ぼうそう)
  麻疹
  溶連菌感染症
  流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
  蕁麻疹
いろいろな病気のこと
アデノウイルス感染症
 
  どんな病気?
 
多種あるアデノウィルスが原因となって、様々な症状を引き起こします。夏に流行する咽頭結膜熱(プール熱)や、流行性角結膜炎(はやり目)なども、アデノウィルスの感染によるものです。
(現在では、のどの検査や便の検査で、診断を確定することができます。)
症状は、40℃近く、またはそれを越すような高熱が5日〜1週間近く続きます。また、のどが赤く腫れて痛みます。鼻水や鼻づまりがみられます。
目が赤くなり、目やにがでます。(目の症状は出ないこともあります。)
吐き気、腹痛、下痢などの胃腸炎の症状を伴うことがあります。その他、頭痛、倦怠感などもあります。
まれに肝臓に影響を及ぼすことがあります。
 

 
  治療とケアについて
 
ウィルスを撃退する方法はありませんので対症療法が中心になります。初期であれば水分補給に気をつけます。
脱水症状が強いときは、点滴治療が有効です。
二次感染の予防、または感染との判別が困難な場合に抗生物質を処方することがあります。
高い熱が続きますので、不安になるでしょうが、薬を使い過ぎないよう気をつけましょう。
じゅうぶんに水分の補給をしましょう。
?ポカリスエットやアクアライトなどの乳幼児用のイオン飲料を少しずつ飲ませましょう。
食事は、消化の良いものにしましょう。(おかゆや、柔らかいうどんなど。)
外出を避け、安静に過ごしましょう。
発熱がある場合は、入浴は避け、蒸タオルで体を拭きましょう。
アデノウィルスの飛沫感染によるものなので、患者の咳、唾液、目やにや便などで感染します。タオルなど家族とは別にして手洗いやうがいを丁寧にしましょう。
 

| 患者様のお部屋のトップページに戻る | クリニックのトップページに戻る |
 
栃木県小山市城東6-10-1 TEL:0285-20-0010 予約専用TEL 0285-20-0022 Copyright(C) 大久保こどもクリニック. All Rights Reserverd,