インターネット予約 パソコンと携帯電話から次回の診療予約ができます。※診察券番号をお持ちの方のみ
 
 
小児科・アレルギー科 大久保こどもクリニック
いろいろな病気のこと よくあるご質問 おうちでのケア クリニックの上手なかかり方 みんなの作品
病気の分類
  RSウイルス
  アデノウイルス感染症
  インフルエンザ
  ウイルス性腸炎
(ロタウイルス感染症)
  急性胃腸炎
(嘔吐下痢症)
  水痘(水ぼうそう)
  麻疹
  溶連菌感染症
  流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
  蕁麻疹
いろいろな病気のこと
インフルエンザ
 
  どんな病気?
 
インフルエンザウイルス(A・B)の直接感染によりおこります。
熱は38℃〜40℃と高くなり、年齢を問わずに感染するので大流行を起こす事もあります。
潜伏期間は1〜2日と、非常に短期間で、急激に熱が上昇し、発病してしまいます。
主に、高熱・咳や鼻水などの風邪症状・頭痛・倦怠感・筋肉痛・嘔吐・下痢など、普通の風邪症状よりも症状が強くでます。
気管支炎や肺炎・まれに、脳症・脳炎(意識障害・けいれん・精神症状・嘔吐など)の症状が見られることもありますので、早めに受診しましょう。
 

 
  治療とケアについて
 
インフルエンザは高熱が続き、体力の消耗もはげしくなります。しかし、アスピリン系の解熱剤を使うと、ライ症候群(急性脳症・脳炎など)の重い病気を引き起こす事があります。解熱剤の自己判断による勝手な使用はさけ、診察を受けて使いましょう。
もしもかかってしまったら、外出せず安静にし、体力の温存を図って下さい。また、熱が高いときは脱水症を起こしやすいため、十分に水分の補給をしましょう。
保育園・幼稚園・学校は出席停止になります。証明書が必要な場合は解熱後48時間たってから、お申し出下さい。

年齢により、タミフルの使用は制限されますので、受診し必ず相談してください。

予防について

現在のところ、ワクチンによって予防にすることが1番確実な予防法と思われます。予防接種は2〜4週間の間隔で2回の接種を行います。2回接種してから、効果がでるまで約2週間はかかります。接種しておくと、感染した場合でも軽症ですみますし、合併症を起こす危険性も少なくすみます。
 

| 患者様のお部屋のトップページに戻る | クリニックのトップページに戻る |
 
栃木県小山市城東6-10-1 TEL:0285-20-0010 予約専用TEL 0285-20-0022 Copyright(C) 大久保こどもクリニック. All Rights Reserverd,