インターネット予約 パソコンと携帯電話から次回の診療予約ができます。※診察券番号をお持ちの方のみ
 
 
小児科・アレルギー科 大久保こどもクリニック
いろいろな病気のこと よくあるご質問 おうちでのケア クリニックの上手なかかり方 みんなの作品
病気の分類
  RSウイルス
  アデノウイルス感染症
  インフルエンザ
  ウイルス性腸炎
(ロタウイルス感染症)
  急性胃腸炎
(嘔吐下痢症)
  水痘(水ぼうそう)
  麻疹
  溶連菌感染症
  流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
  蕁麻疹
いろいろな病気のこと
麻疹
 
  どんな病気?
 
麻疹ウイルスの飛沫感染によってかかります。とても感染力が強く、生後6ヶ月から1歳前後の予防接種を受けていない赤ちゃんが多くかかり、とても重症になります。(最近は大学生に流行しています。)

初めの2〜3日は38℃台の熱がでて、咳・鼻水・くしゃみ・目やに等、ふつうの風邪症状ですので、この時期に麻疹と診断するのは困難です。
熱がでて3〜4日後にいったん熱が少し下がり、再度高熱が出てくると同時に、麻疹特有の白い斑点(コプリック斑)が口腔にみられるようになると、麻疹と診断がつきます。

紅色の発疹は全身にたくさんできて、やがて発疹同士がくっつき、まだらになってきます。

顔が腫れぼったくなり、口の中が荒れ、どんどん咳もひどくなってきます。

発疹がでてきてからさらに4〜5日は熱も続くので、この頃がもっともつらい時期になります。
1週間くらいして熱が下がり、発疹も暗褐色〜茶褐色に変わってきて皮膚に色素沈着を残します。色素沈着は1ヶ月もすれば消えてきます。
 

 
  治療とケアについて
 
麻疹は肺炎や脳炎などの合併症を起こすことがあります。高熱が続き、ぐったりするようでしたら、早めに病院を受診しましょう。
高熱がでるので、体力も消耗し、食欲もなくなります。自宅で安静にし、水分を十分に補い、消化の良い口当たりの良いものを与えるようにしましょう。

ぐったり感が強いときは点滴が必要な場合もあります。さらに、重症時は入院が必要です。
入浴は発疹が薄くなり、咳も少なくなって熱がなければ入浴してもよいでしょう。(病院で相談して決めてください。)
幼稚園・保育園・学校などは、症状がなくなるまでは、出席停止になります。証明書が必要になる場合がありますので、お申し出下さい。

予防について

現在のところ、麻疹風疹(MR)ワクチンによって予防にすることが一番確実な予防法と思われます。1歳児以降の1回目と、小学校入学前の2回目の定期接種が必要です。その他の方(接種時期以外の方や成人の方)も任意接種として摂取可能です。

またMRワクチンは、にわとりの胚細胞を用いて製造されていますので、卵アレルギーのある方は、必要に応じてアレルギーのテスト反応(皮内テスト)を行います。
 

| 患者様のお部屋のトップページに戻る | クリニックのトップページに戻る |
 
栃木県小山市城東6-10-1 TEL:0285-20-0010 予約専用TEL 0285-20-0022 Copyright(C) 大久保こどもクリニック. All Rights Reserverd,