インターネット予約 パソコンと携帯電話から次回の診療予約ができます。※診察券番号をお持ちの方のみ
 
 
小児科・アレルギー科 大久保こどもクリニック
いろいろな病気のこと よくあるご質問 おうちでのケア クリニックの上手なかかり方 みんなの作品
ケア一覧
  くすりの飲ませ方
  下痢のときのケア
  熱が出たときのケア
  嘔吐があるときのケア
おうちでのケア
くすりの飲ませ方
薬の量はきちんと守らないとダメ?
処方された薬は、指示通りに飲むことが大切です。体重、年齢などから、必要な薬の量を計算し、それを薬の作用時間に応じて1日2〜3回に分けて飲むように処方しています。

薬を飲む時間は・・・
大人の場合は、食後30分服用の指示がほとんどですが、子供の場合は必ずしも食後でなくてもかまいません。むしろ、食後はおなかがいっぱいになって薬を飲んでくれない場合もあります。
寝てしまった場合には、必要な薬の場合は、起こして飲ませてください。

乳児の場合
水薬はそのまま、粉薬は少量の水や湯冷ましでだんご状にして、上あごに塗りつけ、その後母乳やミルクなどを与えます。
ミルクに混ぜる場合は、1回分のミルクに混ぜると、残して全部飲まなかったり、ミルク嫌いになったりしますので、少量のミルクに混ぜて薬を与え、それから、美味しいミルクを与えましょう。

幼児の場合
水薬も粉薬も、なるべくそのまま与える習慣をつけましょう。あとが楽になります。
お薬を嫌がるときは、本人が納得すれば何に混ぜてもかまいませんが、スポーツドリンクや柑橘系のジュースに混ぜると、苦味が強くなる場合があるので注意して下さい。
苦味の強い薬の場合は、アイスクリームや、ペースト状のチョコレート、ジャムなど、半固形状のものに混ぜると、苦味やザラザラ感がなくなりますのでお勧めです。また、粉薬を水に溶かして、凍らせて与えてもいいでしょう。

(お腹の状態や、アレルギーの有無によって不可の場合があります。)

| 患者様のお部屋のトップページに戻る | クリニックのトップページに戻る |
 
栃木県小山市城東6-10-1 TEL:0285-20-0010 予約専用TEL 0285-20-0022 Copyright(C) 大久保こどもクリニック. All Rights Reserverd,